世界ジオパーク認定記念、初島ジオツアー/ATAMIジオネットワーク

ATAMIジオネットワーク(北島鉄修会長)は6月4日、伊豆半島が世界ジオパークに認定されたことを記念して熱海市の初島ジオツアーを行った。市内西熱海町のレストラン「猫のいるお山の手作り尽くし un」(山口絵里香代表)のグループや神奈川県内から12人が参加。ジオガイドの北島会長と石川彰さんの案内で、海底火山の噴出や隆起でできた波打ち際の巨大な溶岩の塊(かたまり)などを観察した。
石川さんは「初島は火山島である伊豆諸島と違い、海底が隆起して海上に姿を現した溶岩でできた島。3回に分けて隆起し、この巨大な石は海底にあったものが、一番最後の隆起となった関東大震災(1923年)の際に1・8メートル持ち上がって出現した。およそ30万年前のもので、大震災以前の波打ち際は小さな石だったそうです」と説明。その関東大震災では、熱海は全く持ち上がらなかったことから、伊豆半島と初島は別のプレートにあり、違う動きをしていると解説した。
■約7000年前から人が住み、縄文時代のからの遺跡
首都圏から最も近い有人島の初島は、約7000年前の太古から人が住み、島内には縄文時代からの遺跡が点在している。火山岩の一種で旧石器時代にナイフややじりとして使用された黒曜石も出土されている。石川さんは「黒曜石の産地としては上多賀も知られるが、初島のは90キロ離れた神津島のもの。太古の昔より、人々が海を越えて交流していたことが分かる」と話した。
このほか、ツアーでは初島海洋資料館、江戸城石垣採掘跡、初島灯台などのジオサイトや海泉浴「島の湯」、何百種類もの亜熱帯の植物が生い茂る「アジアンガーデンR-Asia」、百年に一度しか咲かない竜舌蘭、食堂街などを約2時間かけて巡った。海岸の何気ない大きな石も、世界ジオパーク認定で貴重な観光コンテンツに生まれ変わった。
(熱海ネット新聞・松本洋二)







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  2. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
  3. 2020-2-16

    熱海梅園の「熱海菓子商工業組合感謝デー」、雨天で開催中止

    熱海市観光協会は2月16日、同日に熱海梅園で予定していた「熱海菓子商工業組合感謝デー」、甘酒無料サ…
  4. 2020-2-16

    【お悔やみ】西島光雄さん(熱海市下多賀)2月15日死去

    西島光雄さん(にしじま・みつお)2月15日死去、91歳。熱海市下多賀。通夜17日午後6時30分。葬…
ページ上部へ戻る