超繁忙期を前に早めの家族サービス、熱海駅前商店街が納涼祭


熱海市内の小学校が夏休みに入り、田原本町子供世話人会(鈴木宏泉会長)は7月24日、JR熱海駅前の仲見世入口で納涼祭を開いた。地元住民らが子供たちやお年寄りに猛暑に負けない体力を付けてもらおうと焼き鳥や焼きそば、ソーセージなどをふるまった。杉山利勝町内会長が焼きそば、この日後援会事務所が立ち上がった赤尾光一さんが焼き鳥作りに汗を流すなど、調理を担当したのは土産店や飲食経営者-。
ハンドメードのゲームコーナーも設けられ、子供たちの笑顔がはじけた。仲見世通り、平和通り商店街一帯はこれから夏休みの行楽客で超繁忙期に入るため、毎年恒例の早めの家族サービス。同会では、毎年、8月1日から熱海駅前郵便局裏の公開空地で朝7時にラジオ体操がスタートする。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  2. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  3. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
  4. 2021-10-22

    起雲閣でモロッコ•フェズ刺繍作家・中山奈穂美さん作品展 ART EXPO始まる

    東京都と熱海市の双方に住まいを持つ「二拠点生活」を続けながら、都内でモロッコ伝統の「フェズ刺繍(しし…
ページ上部へ戻る