夏の風物詩、夏休みの「ラジオ体操」始まる/熱海駅前商店街

全国的にラジオ体操を実施する地域が減少する中、熱海市の田原本町(杉山利勝町内会長)で8月1日、夏休み恒例のラジオ体操が始まった。午前7時、熱海駅前の平和通り、仲見世両商店街の子どもたちらが平和通り商店街のアーケードに集合。スピーカーから流れるリズムに合わせ第一、第二ラジオ体操に合わせ、しっかり腕を伸ばしたり足を曲げたりして、一日をスタートさせた。夏休みが始まっても子供たちに規則正しい生活を送り、健康で清々しい生活ってもらおうと、田原本町子供世話人会(鈴木宏泉会長)が毎年行っている。
終了後はお約束通り、カードに出席の印を押してもらい、ヤクルトのご褒美。この夏の風物詩、熱海市では現在も親しまれている。以前はどこの町内会も実施してきたが、少子化が進み、現在も続くのは少ない。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る