9月16日に秀吉公ゆかりの馬頭観音例大祭/網代温泉観光協会

網代温泉観光協会(川口健会長)は9月16日午前10時半から、熱海市下多賀の月見ケ丘で馬頭観音の例大祭を開く。公園内の馬頭観音の前で、富西寺の小野歓芳住職が法要を営み、川口会長、駒嶺洋南熱海網代温泉旅館協同組合理事長、馬頭観音奉賛会会員らが列席。碑前で焼香し、馬の冥福を祈る。
馬頭観音は、1590(天正18)年、豊臣秀吉の小田原征伐の際、愛馬を秀吉へ召し出した里人たちが建立した。その後、秀吉が天下統一を成し遂げたことから、念願成就などに御利益があるとされ、商売繁盛、五穀豊穣(ほうじょう)を願って例年、祭典を行っている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-11-17

    福祉への理解や絆呼び掛け、26団体が一堂に/熱海・福祉まつり

    熱海市内の福祉団体や施設、協力団体が一堂に会して絆を深める「福祉まつり」(実行委員会主催)が…
  2. 2018-11-16

    ライトアップ完了、夜空に紅葉しっとりと浮かぶ/熱海梅園もみじまつり

    「熱海梅園もみじまつり」開幕前日の11月16日夜、熱海梅園でライトアップが一足先に始まり、紅葉し始め…
  3. 2018-11-16

    11月17日に「熱海自然郷コンサート」 別荘住人と日本酒で交流!

    熱海市の別荘地「熱海自然の郷」の集会所で11月17日(土)、別荘所有者や住人らが第1回「熱海自然の郷…
  4. 2018-11-16

    東京の奥座敷「お宝発見!熱海の学校で見つけた歴史資料」展始まる

    熱海市内の小中学校に保管されている歴史資料を集めた特別企画展「お宝発見!熱海の学校で見つけた歴史資料…
ページ上部へ戻る