平成最後に相応しいご奉仕誓う 今宮神社厄年奉賛会が市長訪問

今宮神社の例大祭が3週間後に迫った9月28日、今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「今宮和田奉十絆(ぶじゅうばん)會」の役員5人が市役所を訪れ、齋藤栄市長に趣意書を手渡し、意気込みを語った。
訪れたのは薄井勇会長、野田達也、金澤正男、佐々木勝各副会長、廣濱光都留運営本部長。同神社氏子総代の田中秀宝氏と泉明寺みずほ宮司が同席した。
薄井会長が「平成最後の節目の年。厄を落とすとともにこれまでお世話になった地域の皆様に感謝して精一杯ご奉仕させていただきます」と決意を述べると、市長は「成功裏に終わることを期待しています」と激励した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
🔸今宮神社例大祭 10月19日に神幸行列、宵宮祭。20日に例大祭神事、神輿パレード。
🔸今宮和田奉十絆會 会員が生まれた昭和51、52年当時、今宮神社の氏子町内・和田地区は十町で構成していたことに由来。
🔸御鳳輦 大厄の42歳を迎える男子が節分から翌年の節分まで氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。今宮神社厄年奉賛会として代々引き継がれている。平成30年度は昭和51年4月2日~52年4月1日生まれの第二小の卒業生で構成。

「今宮和田奉十絆會」

齋藤栄市長


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る