市長が宿泊税検討を表明、市議会9月定例会が開会 /熱海市

熱海市議会9月定例会が9月28日開会した。齋藤栄市長が所信表明を行い、「経済の持続的発展と豊かな市民のの暮らしを実現できる温泉観光地のモデルをつくっていく」と演説し、財源として選挙公約に掲げた宿泊税を検討していく考えを提唱した。
議事では2018年度の一般会計補正予算案など29件を上程した。決算特別委員会の設置案を可決し、山田義廣熱海市代表監査委員が2017年度一般会計および各特別会計、公営企業会計各会計決算に対する意見表明を行なった。
また竹部隆前副議長に対する感謝状の贈呈案を可決し、川口健議長から感謝状が贈られた。市議補選で当選した赤尾光一氏が就任のあいさつを行なった。
会期は10月23日までの26日間。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る