ドングリ(秋)とカタバミ(夏野花)が同居 熱海市・姫の沢公園の風景

例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園では、道端に秋を象徴するドングリがいくつも落ちる傍で夏に黄色い小さな花を咲かせる野草カタバミが咲き、秋と夏の風景が同居している。今年の夏は猛暑が続き、秋花の開花が例年より遅めだったが、10月の声を聞き、ススキの穂が秋風に揺れるなど、日ごとに秋景色に姿を変え、観光に訪れた人々を楽しませている。

(熱海ネット新聞)
写真=10月4日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  2. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  3. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
  4. 2018-12-13

    “山田治雄”健康松花堂弁当、公開講座が満員 「釜つる」料理長 内山栄二さん

    静岡県の「健康長寿・食と健康」公開講座がこのほど、熱海市役所いきいきプラザで開かれ、ふじのく…
ページ上部へ戻る