【文化】出展作家の茶碗で味わう野点は格別 「梅園茶屋」で秋を満喫

秋風に吹かれ、熱海梅園の緑をめでながら、抹茶を味わう―。第2回アート・フェスティバルでユニークな野点(のだて)の茶会があった。
「韓国庭園」近くに竹と畳3枚を使って4畳半大の「梅園茶席」を設置。遠州流茶道鯛庵の高橋宗榮さんがたてた抹茶を今回のアートフェスに出店した茶碗作家の木村一弘さん、永澤稔さん、田村直己が制作した茶器で味わった。
菓子は、松江桂月堂(島根県松江市)の薄小倉。雲龍釜を使い、本格的な茶会。実行委員会では、野点を通して「芸術と食の融合を図りたい」と、クラフトのイベントに野点を組みこんだ。母親、長男と共に野点を楽しんだ熱海市の男性は「出展作家が制作した茶碗でいただくお茶は格別。まろやかでありながら、すっきりとした味わい。いい思い出になりました」と話した。
遠州流は、江戸時代初期の大名茶人で総合芸術家として有名な小堀遠州を流祖とする日本を代表する武家茶道。その真髄は、「綺麗さび」とされ、従来の「わび・さび」の精神に美しさ、明るさ、豊かさを追加。芸術と食の融合に一役買った。

DSC_4491ssDSC_4529ss2DSC_4535ss2DSC_4539ss2DSC_4542ssDSC_4549ss2DSC_4558ss (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る