池田満寿夫にふれる 手びねりの作陶体験

熱海市は25日、下多賀の「池田満寿夫記念館」と隣接する「満陽工房」で体験教室「芸術家池田満寿夫の陶芸にふれる一日」を開いた。市内外から13人が参加。記念館と工房を見学した後、手びねりによる作陶を楽しんだ。

山梨県増穂町の「増穂登り窯」代表の太田治孝さんが講師を務めた。太田さんは「満寿夫八方窯」築窯に協力するなど、池田さんの作陶に深く関わった。

陶芸体験は満陽工房で実施。参加者は池田さんの作品などに触れながら、そのとき感じたイメージを土で表現した。作品は満寿夫八方窯で焼成後、参加者に引き渡される。

千葉県我孫子市の勘解由弘隆さんは「池田満寿夫さんになりきろうと参加した。今までの殻を打ち破って、作陶することができた」と満足げに話した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

  2. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

  3. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

  4. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

ページ上部へ戻る