【イベント】熱海銀座が変われば熱海も変わる 市街地ど真ん中でマルシェ開催 

「海辺のあたみマルシェ・クラフト&ファーマーズマーケット」(同実行委員会主催)が19日、銀座通り商店街約150mを歩行者天国にして開催された。

同マルシェは熱海の市街地の活性化を図ることを主目的に、伊豆地方の農作物の育成やクラフト品の創作活動をする人たちに発表と販売の場を設け、支援することをテーマにしている。
今回は農作物を試食販売する「ファーマーズブース」、伊豆で活躍するクラフト品を展示販売する「クラフトブース」、買った食材をしちりんで焼き味わう浜焼きや地元ワインなどが飲食できる「フードブース」に加えて、熱海銀座通りの商店が店前に露店を構えるなどしてバージョンアップ。多くの市民、観光客でにぎわった。

来場した観光客からは「熱海ってこういうこともやっているんだ、イメージが変わった」「今度はベイエリアで夜市をやってほしい」といった声が聞かれた。

(編集主幹・松本洋二)

◇あたみマルシェ 工芸市と産直市を融合させた芸術と食のイベント。熱海をはじめ伊豆も国、函南、伊東、南伊豆など約20店が出店。昨年11月に続き2回目。主催=海辺のあたみマルシェ実行委員会。マルシェはフランス語の「市場」。

 

いけばな体験

 

夫婦ら

 

コピー ~ ハマグリ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-1

    本格りんご飴専門店「Jewel Candy」熱海サンビーチ前にオープン

    熱海サンビーチ=7月31日 お祭りの屋台などでよく見かける、りんご飴の本格スイーツ専門店「J…
  2. 2021-8-1

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と未成年者

    静岡県は7月31日、熱海市に住む高齢でない高齢でない成人と未成年者の計2人が新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-8-1

    倒壊家屋の捜索が9割方終了、自衛隊が撤収 今後は消防と県警で

    熱海市伊豆山の土石流災害で、行方不明者の捜索を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の最後まで捜索を続けて…
  4. 2021-7-31

    熱海土石流災害 被災者対象 公営住宅などの入居受け付け開始

    熱海市で起きた大規模な土石流で、自宅が全半壊して住めなくなった人を対象に、熱海市と静岡県が用意した…
ページ上部へ戻る