【観光】伝統の「熱海をどり」が開幕 午前・午後とも満員御礼

熱海芸妓が1年の修練の成果を披露する「第25回熱海をどり」が28日、熱海芸妓見番歌舞練場で開幕した。京都の「都をどり」、東京の「東をどり」と並ぶ日本の花柳界最大の興行に、開演前から入り口前はごった返した。

第一部(午前)、第二部(午後)ともに定数一杯の250人の市民や観光客が訪れ、立方20名、地方18名によるあでやかな花柳界の舞台を楽しんだ。29日も開催する。

「桜」を共通テーマにした「寿莱序三番叟」 (ことぶきらいじょさんばそう)、「舞妓」、「春爛漫 さくやこのはな」に続いて、出演者全員によるフィナーレの「三下(さんさ)がり甚句」を終えると、西川千鶴子組合長(松千代さん)が「熱海をどりは今年で25回を数え、見番が出来たのは昭和29年3月、ちょうど60年の還暦です。これだけ長く続けられたのは、皆様に支えていただいたからこそ。ありがとうございました」とあいさつし、全員で三本締めを響かせた。

(熱海ネット新聞)

◇熱海をどり 熱海芸妓見番の大改修(平成2年)を記念してスタート。日本一の規模を誇る熱海芸妓衆が年に2日(4月28、29日)開催する熱海のGWの看板イベント。主催・熱海芸妓置屋連合組合。

 

 

開宴前

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る