【観光】伝統の「熱海をどり」が開幕 午前・午後とも満員御礼

熱海芸妓が1年の修練の成果を披露する「第25回熱海をどり」が28日、熱海芸妓見番歌舞練場で開幕した。京都の「都をどり」、東京の「東をどり」と並ぶ日本の花柳界最大の興行に、開演前から入り口前はごった返した。

第一部(午前)、第二部(午後)ともに定数一杯の250人の市民や観光客が訪れ、立方20名、地方18名によるあでやかな花柳界の舞台を楽しんだ。29日も開催する。

「桜」を共通テーマにした「寿莱序三番叟」 (ことぶきらいじょさんばそう)、「舞妓」、「春爛漫 さくやこのはな」に続いて、出演者全員によるフィナーレの「三下(さんさ)がり甚句」を終えると、西川千鶴子組合長(松千代さん)が「熱海をどりは今年で25回を数え、見番が出来たのは昭和29年3月、ちょうど60年の還暦です。これだけ長く続けられたのは、皆様に支えていただいたからこそ。ありがとうございました」とあいさつし、全員で三本締めを響かせた。

(熱海ネット新聞)

◇熱海をどり 熱海芸妓見番の大改修(平成2年)を記念してスタート。日本一の規模を誇る熱海芸妓衆が年に2日(4月28、29日)開催する熱海のGWの看板イベント。主催・熱海芸妓置屋連合組合。

 

 

開宴前

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1年)が7…
  2. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  3. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  4. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
ページ上部へ戻る