【編集室】きょう衆院選公示、前回は勝俣氏が上回る

第47回衆院選挙は2日に公示。安倍首相が「この道」と掲げる経済政策「アベノミクス」の評価が最大の争点で観光都市熱海にとっても重要な意味を持つ。静岡6区には民主党前職の渡辺周氏(52)、自民党前職の勝俣孝明氏(38)、共産党新人の佐藤龍彦氏(38)が立候補。来春の県議選を占う上でも注目する必要がある。
ここに面白いデータがある。前回、平成24年12月の総選挙における熱海市の投票結果だ。静岡6区では11万6084票を獲得した渡辺周氏が10万3967票の勝俣孝明氏(東海比例で復活当選)を抑えて当選したが、こと熱海市に限れば、逆の結果が出ている。8762票の勝俣氏に対して渡辺氏は7834票。渡辺氏が衆議院が解散するやその足で熱海駅前で街頭演説し、告示日に清水橋で遊説するのもそのためだ。

比例代表東海ブロックの各党の熱海市の獲得票数はもっと顕著だ。自民党の6086票に対し、民主党は3564票。日本維新の会の3618票にも及ばなかった。数字の上では自民王国。その一方で今年9月の市長選では民主党と連携した非自民の斉藤栄氏が圧勝した。日本維新の会の風がやみ、みんなの党と日本未来の党は消滅。この6000超の票をどの候補が掘り起こすのか。12日間の選挙戦が始まった。
(編集主幹・松本洋二)

◇平成24年衆院選・候補者別得票数(静岡6区=熱海市分)
わたなべ周(民主)    7834
かつまた孝明(自民)   8762
井口まさひこ(共産)    1327
日吉雄太(未来)      1703

◇同・政党別得票数(熱海市分)
自由民主党 6086
日本維新の会 3618
民主党 3564
公明党 2421
みんなの党 1659
日本未来の党 1093
日本共産党 1050
社会民主党 291
幸福実現党  50

10734169_737005889725244_7204948745469274438_n

わたbな

10687176_317485385124243_1524859894445317731_n写真はFBより

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る