【イベント】伊勢海老の刺身がほぼ半値 伊豆山伊勢海老磯まつり

長期連休後半戦真っただ中の4日、伊豆山海岸で「第5回春のそれ伊豆山伊勢海老磯まつり」(伊豆山温泉旅館組合主催)が始まった。伊豆山の海で獲れた伊勢海老(えび)やサザエ、あわび、ワカメ等を地元価格で販売したほか、アンコウ汁を無料で振る舞った。

伊勢海老は地元漁業会の協力で約100キロを用意。サイズ別にいけすに入れ、市価のおよそ半値で販売。予算に応じて選べ、その場で漁師らが刺し身や炭火焼きにして味わった。アワビも約15キロ提供された。

伊勢海老ご飯、サザエご飯、サザエのつぼ焼きなどのご当地人気グルメを中心に、焼きそば、モツ煮なども販売。好天に恵まれ、多くの市民や観光客が舌鼓を打った。

(熱海ネット新聞)

 

DSC_9925ss (1)

伊勢海老

こいのぼり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る