【編集室】ただ今「10匹」の夜間飛行を確認 熱海梅園のゲンジボタル

 

熱海梅園で6月1日から始まる「ほたる観賞の夕べ」に向けて、熱海ネット新聞は園内のホタルの夜間飛行を調査している。27日午後10時現在で10匹のゲンジボタルが光を放ちながら飛行しているのを確認した。最初の1匹を発見した25日は1匹だけだったことを思えば、急ピッチで増えているのが分かる。

写真を見ると何匹も飛んでいるように思うが、実はこれ1匹の動き。夜間で超スローのシャッタースピードに設定しているためだ。
熱海市観光協会は3月に熱海梅園を流れる初川支流の「ほたる川」にゲンジボタルの幼虫を計5000放流。4月上旬に陸に上がり、5月下旬から6月中旬にかけて羽化して夜間飛び交うと説明していたが、ダイヤ(運行計画)通りに進行している。

(編集主幹・松本洋二)

 

10匹風

 

ほたる放流ホタルの放流=3月24日

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-25

    青紫のじゃじゃ馬娘、また咲き出す 季節外れのジャカランダ

    8月最後の日曜日となった8月25日、熱海市内の最高気温は28・9度(網代特別地域気象観測所…
  2. 2019-8-25

    勇壮な太鼓と笛の音響く 伊豆湯河原温泉納涼花火大会で泉太鼓保存会

    熱海市の伝統芸能を引き継ぐ「泉太鼓保存会」のメンバー11人が、8月24日夜に開かれた「伊豆…
  3. 2019-8-25

    遠州湖西の手筒花火、熱海の夜空焦がす 泉公園で納涼花火大会 伊豆湯河原温泉

    熱海市の泉公園で8月24日夜、延期されていた「伊豆湯河原温泉納涼花火大会」が開催された。渡…
  4. 2019-8-24

    厳しい暑さ収まり、花火見物に3万2千人 熱海サンビーチ、黒山の人だかり

    遅い梅雨明け後、いきなり猛暑に突入した今年の夏。今夏は例年より花火観賞に訪れる人が少なめに…
ページ上部へ戻る