土石流災害から100日目 被災現場近くの伊豆山小学校で追悼式

26人が犠牲になった熱海土石流から100日目の10月10日、熱海市は被災現場近くの伊豆山小学校で追悼式を開いた。コロナ禍で人数を抑え、遺族、捜索活動にあたった県警と自衛隊の関係者ら計79人が参列。全員で1分間の黙禱(もくとう)を捧げ、献花台に白い菊の花を手向けて犠牲者を悼んだ。
齋藤栄市長は式辞で「少しずつではあるが、復旧復興への歩みは進んでいる。地域の皆さんと一丸になり、必ずやこの困難を乗り越えていく」と誓った。
川勝平太知事は「痛ましい災害が2度と起こらないよう、命を守る地域づくりに全力を挙げる」と述べた。
土石流で長女の西澤友紀さん(44)亡くした母親の小磯洋子さん(71)は、式の終了後、取材陣に「私と娘は双子のように仲がよい親子だったので思い出さない日はない。100日だから、1000日だからという区切りも私にはない。一生悲しみと苦しみは続く…死ぬまでその気持ちは変わらない」と涙を浮かべて話した。
伊豆山土石流災害では、現在も1人が行方不明のまま。9月には、土砂の撤去にあたっていた50代の男性が作業中の事故で命を落とした。
式は約30分で終了。その後、一般向けに会場が開放され、地元住民らが次々と足を運び、犠牲者を悼んだ。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る