【文化】熱海市役所の歴史を訪ねる古地図展 江戸から明治、大正、昭和

新庁舎のオープンを記念して熱海市立図書館では、同図書館で熱海市役所が建てられて土地の歴史が分かる「熱海市役所の歴史を訪ねる 古地図の散歩道」展を開催している。この場所は「熱海御殿」→「熱海学校」→「熱海御用邸・熱海離宮」→「熱海市役所」と続く由緒ある場所で、地図を見ると周辺に懐かしい旅館の名前などがある。
古地図を時代順に展示したのは今回が初めて。図書館では所蔵する古地図の中から熱海御殿の位置を示す元禄8年の「豆州熱海湯治道知邊(みちしるべ)」、熱海大火翌年(昭和25年)に発行された「国際観光温泉文化都市熱海市鳥瞰(ちょうかん)図」など8点掲示し、説明文を加えている。7月29日まで

DSCN3516

 

DSCN3533

 

DSCN3518

刕温泉場熱眞海図(昭和15年)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  2. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  3. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
  4. 2021-11-30

    紅葉ピークの熱海梅園、梅も続々開花 晩秋と冬春の共演

    「もみじまつり」が最終週を迎えた熱海梅園で380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレンジに染まり、ピー…
ページ上部へ戻る