【社会】カルガモ親子が行方不明、2日間消息絶つ 熱海梅園

 

熱海梅園の香林亭の池に住みつき、アイドルになっていた9羽の子ガモを含むカルガモ親子が6日夕に確認されたのを最後に行方がわからなくなり、関係者を心配させている。本紙は7日に続いて8日もお気に入りコースだった韓国庭園、中山晋平記念館周辺を中心に園内を捜索したが、母子ともども全羽の姿がなかった。

熱海梅園を管理するシルバー人材センターの会員も「2日間だれも見ていない。子供なのでまだ飛び立てないだろうし…」と心配顔。園内には猫やカラスもおり、襲われた可能性も否定できないが、熱海梅園は1万4000坪と広く、全羽がまとめていないことから事件性は少なく、場所を移して隠棲しているものと思われる。

「カルガモ優先道路」の看板を各所に設置し熱海梅園のアイドルたちに気を配っていた熱海市公園緑地室では「カルガモのファンが増え、母親が神経質になっていた。見つけた方は連絡して欲しい」と呼びかけている。

DSC_3824ssp最後に確認したカルガモの親子(7月6日=熱海梅園)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-23

    秋の夜空に3千発 4連休最終日、熱海秋季海上花火大会 ホテルは満室

    秋の4連休最終日の9月22日、熱海湾で熱海海上花火大会の秋季シリーズが開幕した。台風12号…
  2. 2020-9-23

    イベント緩和 南熱海ロングビーチガールズ、長浜特設市でフラダンス披露 

    熱海市上多賀の長浜海浜公園・うみみえ~る長浜で9月22日、地元のフラグループ「南熱海ロング…
  3. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  4. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
ページ上部へ戻る