【市政】熱海市が固定資産税など1800万円を過大徴収 医療・介護保険でもミス

熱海市は28日、有料老人ホームやグループホームなど市内4施設の地権者8人の固定資産税と都市計画税を過大徴収していたと発表。10年に渡って多く取り過ぎていた総額1799万5833円を返金する。

後期高齢者医療保険料及び介護保険料の返金でも2008年から2013年にかけてミスがあり、後期高齢者医療保険料で48人、介護保険料で17人の計65人に22万1500円を返金する。引っ越しや所得変更の事情があった場合、前払いした保険料は加算金を付けて返す必要があるのに保険金だけを返していた。

職員の対象家屋の利用状況の把握が不十分だったり、法令に対する認識が不十分だったことが原因という。市は対象者に対し、電話連絡や文書で謝罪と説明を行い、速やかに返金事務を進めていく。

◇斉藤栄市長の話 「市民及び納税・納付義務者の方々に多大なご迷惑をおかけし、心からお詫び申し上げます。これらの事案については対象家屋の利用状況や、法令に対する認識が不十分だったことに原因があります。再発防止に努め、行政に対する信頼回復に全力を挙げていきたい」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る