【観光】紅葉まつりから梅まつりへ、お化粧直し

熱海梅園で1月10日に開幕する「第71回熱海梅園梅まつり」に向けて、園内の補修や点検工事が進められている。今月7日に閉幕した「もみじまつり」では絶好の撮影ポイントとなり、多くの人が往来した赤い橋で知られる「駐杖(ちゅうじょう)橋」は一旦解体して欄干部分の補修とお色直しを行った。ほかにも足湯の下の和風邸の屋根や韓国庭園前の「朴敬元飛行士祈念碑」(韓国で初の女性飛行士)のわたり部分、雙眉(そうび)橋、中央広場の石畳などの補修工事を1月9日までに完了する。
また飲食や土産ものを販売する出店の組み立て作業も急ピッチで行われている。

DSC_2407ss (1)

DSC_2397ss DSC_2698ss DSC_2422ss

 

 

3紅葉がピーク時の駐杖橋

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る