【経済】「にっぽんの温泉100選」中間発表、熱海は26位 首位は湯布院

観光経済新聞は28日、第27回「にっぽんの温泉100選」の中間集計結果を発表した。
 

トップは昨年3位だった由布院温泉(大分)で、前年1位の草津(群馬)が2位。以下、指宿(鹿児島)、登別(北海道)、別府八湯(大分)、道後(愛媛)、黒川(熊本)、下呂(岐阜)、有馬(兵庫)、和倉(石川)がトップ10。

静岡からは8温泉地が入ったが、最上位は今年も修善寺で22位。次いで前年34位の熱海が26位。以下、稲取(49位)、観音(53位)、伊東(60位)、堂ヶ島(72位)、湯ケ島(95位)、下田(100位)の順となっている。

投票は7月から始まり、10月末で締め切られ、最終順位は12月初旬に開かれる100選実行委員会の審査で決まる。
◆にっぽんの温泉100選 観光経済新聞社が主催し、観光庁と観光関連8団体(日本旅館協会、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、日本旅行業協会、全国旅行業協会、日本観光振興協会、日本政府観光局、日本温泉協会、公益財団法人日本交通公社)が後援。大手、中堅旅行業者やネットエージェントなどからの投票で選ぶ。

 

熱海温泉会議

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る