【市政】敬老大会の出席予定者は958人 市想定の僅か64%

熱海市がまとめた本年度敬老大会の最終出席予定者数は958人で、市の見込んだ1500人に大きく及ばず(想定の64%)、前年度大会の出席者数1010人を下回っている事が分かった。
 前年度5年ぶりに再開した敬老大会の出席者が伸び悩んだため、市は5月の町内会長連合会例会で説明、さらに7月には参加申込書を兼ねた開催通知を町内会を通じて全戸配布。『広報あたみ』8月号にも掲載していた。

 ◆敬老大会 10月2、3日に熱海後楽園ホテルで開催。対象は70歳以上の市民。参加費1人500円。地区ごとに開催日を割り振り、2日が泉、伊豆山、南熱海地区、3日が初島、熱海地区。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
  2. 2022-5-19

    【お悔やみ】橋本政夫さん(熱海市小嵐町)5月16日死去

    橋本政夫さん(はしもと・まさお)5月16日死去、85歳。熱海市小嵐町。通夜19日午後6時。告別式20…
  3. 2022-5-19

    自民・阿達参院議員 20日午後6時〜熱海芸妓見番で国政報告会 

    自民党の阿達雅志参議院議員(全国比例)は、5月20日午後6時から熱海芸妓見番で国政報告会を開く。自民…
  4. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
ページ上部へ戻る