【観光】ミス熱海「走る梅の女王」、市民駅伝でも熱海をアピール

ミス熱海梅の女王の熊谷明日可さん(20)が泉エンジョイランニング(一般の部)のアンカーを務め、最終6区(熱海港公園前→市役所)の1・6キロを熱走、沿道から大きな拍手が送られた。ゴールでは大学の先輩の杉山誠一熱海市体育協会会長、藤曲敬宏県議が出迎え、「熱海のPR役、お疲れ様」。ねぎらいの言葉に笑顔がこぼれた。
熱海市生まれの熊谷さんは泉小6年の時に「湯らっくすマラソン大会」へ出場。当時のミス熱海と一緒に走り「感動した」思い出がある。「しずおか市町対抗駅伝」にも熱海市代表で3回出場。県立韮山高校時代は陸上部で活躍、7種競技で静岡県大会にも出場したアスリート。専修大ではバレーボールのサークルでエンジョイする一方、毎週2回ジョギングを続け、「東日本大震災復興支援ラン・皇居大会」(東京都)のマラソン女子5キロで優勝している。
大会前には18日の「伊東オレンジビーチ・マラソン」(5キロ部門)にも出場し、力を温存して7位で走り、この日の本番に備えた。しかし、ゴール前で小学生男子にわずかに競り負け、「状態も良く、自信もあったのですが、1・6キロの距離は難しい。子どたちのスピードに驚きました」。これは女王のサービス精神か。

表彰式では斉藤栄市長の横でプレゼンター役も務め、入賞チームにトロフィーを贈呈するなどレース後も貢献した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-5

    捜索救援活動、熱海署と市消防の60人に縮小 自衛隊、警察、消防が撤収

    熱海市の伊豆山土石流災害で、行方不明者の捜索活動を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の撤収に続き、立ち…
  2. 2021-8-5

    静岡県にも「まん延防止措置」適用 期間は8月8日から 県東部も対象へ

    政府は8月5日、新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の適用地域に、静岡、愛知、福島、茨城、栃…
  3. 2021-8-4

    熱海市で新たに3人がコロナ感染 静岡県、東京都ともに過去最多更新

    静岡県は8月4日、熱海市で新たに3人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。高齢でな成人2…
  4. 2021-8-4

    【お悔やみ】小野寺克巳さん(熱海市網代)8月3日死去

    小野寺克巳さん(おのでら・かつみ)8月3日死去、68歳。熱海市網代279の7。出棺4日午前11時、…
ページ上部へ戻る