【選挙】「2人分の得票」で聖域防衛 米山秀夫候補(公明)

5期目を目指す公明党の米山秀夫議員(57)にとって、今回の市議選は当選とともにもう一つ重要な使命を持つ。選挙戦直前に夢想だにしなかったアクシデントが起きたからである。
今回の市議選で公明党は支部長の米山氏とともに勇退する金子芳正議員(66)に代わって新人の野田秀作氏(49)を擁立した。立候補も表明。しかし、事務所開きを予定していた3月25日の直前に、突然体調を崩して立候補を断念した。
一部には金子氏をピンチヒッターにという声もあがったが、党県連は「現職中に69歳を超えてはならない」という党規に例外を設けず、市議選立候補者を米山氏1人に決めた。
熱海市内の公明党の基礎票は2500といわれ、これで米山氏の当選は容易なものとなった。同時に新たな戦いも始まった。県連は4年後の市議選は「2人当選」を想定している。そこで他陣営の草刈り場にさせないためにも、米山氏には「2人分の得票で勝利」を期待。議席獲得とともに支持者の結束を最重要視している。投票率にもよるが、目標は2000票。他の候補とは一つ上のステージの選挙戦。陣営の士気は高く、一致団結。

「米山は大丈夫、という声が一番怖い。その声をもとに他陣営が入り込んでいる。油断できません」。米山氏は聖域防衛というもう一つのテーマとも戦っている。

◆米山候補の政策
・結婚し子供を産み育てやすい環境の整備
・「こども課」設置による、切れ目のない行政サービスの提供を推進
・観光関連予算および補助金の適正化
・「未病治療」を「テーマにした、温泉・飲食事業の促進
・地域包括ケアシステムの早期構築

DSC_5658ssDSC_3794ssyDSC_3816ssyDSC_3818ssyyoneyama100

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  2. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  3. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  4. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
ページ上部へ戻る