【まちづくり】伊豆山港多目的広場に子どもたちが壁画 伊豆山の魅力をPR

 熱海建設業協会(大舘節生会長)は30日、伊豆山地区の魅力をアピールしようと、「伊豆山港多目的広場」の壁(高さ約1メートル、幅約40メートル)に地元の少年野球チームや小、中学生、熱海ビーチクラブメンバーに絵を描いてもらった。「土木の日」(11月18日)を記念した事業として実施した。

 同広場は2010年に完成。県が港の一角を埋め立てるなどして整備した。現在、地元の各種団体代表らでつくる伊豆山港多目的広場活用協議会が、利活用策を検討している。

 熱海では09年、熱海港耐震岸壁で防波堤用の巨大なケーソンに、市内の小中学生が「熱海」をテーマにしたイラストを描いたことがある。

壁画 使用前

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  2. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  3. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  4. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
ページ上部へ戻る