【まちづくり】桃山台町で桜の植樹始まる 駅裏の桜山復活へ

熱海駅裏側の山の手一帯を「美しい桜の散歩道」にする運動を進める「熱海まちづくり委員会」(桃山、桃山台、伊豆山岸谷、仲道の4町内会で構成)とMOA美術館はクリスマスの25日、最初の桜の苗木の植樹した。この日は4町内会の先陣を切って桃山台町内会が行い、細田實さん宅など4軒に桜の苗木(紅華)16本を植え込んだ。
同委員会では熱海市から100本の苗木を入手しており、1月4日の伊豆山町内会など順次配布する。MOA美術館の高見輝宏さんによれば、30年前の桃山と伊豆山一帯には桜の花が咲き誇り、びょうぶ絵のような景観で観光客らから称賛されていたという、しかし、植えられていたソメイヨシノがテングス病にかかったり、寿命になったりして枯れてしまい、残っているのはごくわずか。そこで今回は病気に強い、大漁桜、神代曙(しんだいあけぼの)、紅華(こうか)、花笠を選んだという。
この日植えられたおよそ1.5mの桜の苗木は3~4年で5mほどに育ち、4月上旬から中旬にかけて花を咲かせる。

◇苗木希望者 現在予約は55本。桃山、伊豆山地区で桜の苗木を自宅庭に植えてみたい方は高見輝宏さん(0557-84-2510)へ。費用は送料の500円のみ。植え付け指導などはMOAグループの樹木医が協力。

6

12532・5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 足湯

    2022-1-19

    熱海市の16人が新規コロナ感染 2日連続で過去最多更新=1月19日 

    静岡県と熱海市は1月19日、熱海市で16人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。市の…
  2. 2022-1-18

    熱海富士、熱海市初の関取誕生に王手 残り1番白星なら十両昇進

    大相撲初場所(両国国技館)10日目の1月18日、熱海市出身で西幕下筆頭の熱海富士(19、伊勢ヶ濱部屋…
  3. 2022-1-18

    熱海市の新規コロナ感染、過去最多の12人 累計では326人

    静岡県と熱海市は1月18日、熱海市で12人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。市の…
  4. 足湯

    2022-1-18

    児童のコロナ感染が判明 熱海市内の小学校1校で学年閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月18日、市内の小学校1校で新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、当該校の…
ページ上部へ戻る