【まちづくり】桃山台町で桜の植樹始まる 駅裏の桜山復活へ

熱海駅裏側の山の手一帯を「美しい桜の散歩道」にする運動を進める「熱海まちづくり委員会」(桃山、桃山台、伊豆山岸谷、仲道の4町内会で構成)とMOA美術館はクリスマスの25日、最初の桜の苗木の植樹した。この日は4町内会の先陣を切って桃山台町内会が行い、細田實さん宅など4軒に桜の苗木(紅華)16本を植え込んだ。
同委員会では熱海市から100本の苗木を入手しており、1月4日の伊豆山町内会など順次配布する。MOA美術館の高見輝宏さんによれば、30年前の桃山と伊豆山一帯には桜の花が咲き誇り、びょうぶ絵のような景観で観光客らから称賛されていたという、しかし、植えられていたソメイヨシノがテングス病にかかったり、寿命になったりして枯れてしまい、残っているのはごくわずか。そこで今回は病気に強い、大漁桜、神代曙(しんだいあけぼの)、紅華(こうか)、花笠を選んだという。
この日植えられたおよそ1.5mの桜の苗木は3~4年で5mほどに育ち、4月上旬から中旬にかけて花を咲かせる。

◇苗木希望者 現在予約は55本。桃山、伊豆山地区で桜の苗木を自宅庭に植えてみたい方は高見輝宏さん(0557-84-2510)へ。費用は送料の500円のみ。植え付け指導などはMOAグループの樹木医が協力。

6

12532・5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  2. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
  3. 2022-7-4

    伊豆山土石流から1年 教訓を次世代に 熱海市が追悼式

    熱海市伊豆山で死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した伊豆山土石流から7月3日で1年…
  4. 2022-7-4

    【お悔やみ】髙𣘺久雄さん(熱海市伊豆山)7月1日死去

    髙𣘺久雄さん(たかはし・ひさお)7月1日死去、96歳。熱海市伊豆山。「魚久」創業者。通夜5日午後6時…
ページ上部へ戻る