【まちづくり】錦ヶ浦の海底にアオリイカの産卵床を設置 熱海初の試み

日本釣振興会とNPO法人SEA WEB(安田和彦理事長=熱海港海釣り施設)は26日、錦ヶ浦の海底にアオリイカの産卵床を設置した。
アオリイカが産卵する海藻が減ってきたことから、産卵床を海に設置し、産卵しやすい環境を作り、数を増やすのとダイバーの誘客が目的。大熱海漁業組合と熱海市の協力を得て約40人が参加、今回初めて実施した。
産卵床は、姫の沢公園の桜の木の下に自生しているヒサカキを伐採し、高さ2~3メートル束にしたものを約20本使用。熱海港からボート2隻にダイバー18人が乗り込み、錦ヶ浦沖合約40メートル沖合の水深12メートルの海底でロープやチェーンを使って岩に固定、土のうを使って流されないようにした。
アオリイカの産卵シーズンはゴールデンウイークごろから始まり、8月中旬ごろまで続く。早ければ、2、3日後に産卵床に寄ってきて産卵が始まり、1回の産卵で2000個の卵を産むという。
日本釣振興会のダイバーたちは産卵床設置の作業を終えると海釣り施設の先端部分の水中清掃を行った。
(熱海ネット新聞)

釣り振興会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  2. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  3. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
  4. 2022-5-14

    熱海こがし祭り「山車コンクール」3年ぶりに開催 7月15、16日

    熱海市観光協会は5月13日、新型コロナウイルスの影響で2年連続で中止していた「熱海こがし祭り 山車コ…
ページ上部へ戻る