【まちづくり】錦ヶ浦の海底にアオリイカの産卵床を設置 熱海初の試み

日本釣振興会とNPO法人SEA WEB(安田和彦理事長=熱海港海釣り施設)は26日、錦ヶ浦の海底にアオリイカの産卵床を設置した。
アオリイカが産卵する海藻が減ってきたことから、産卵床を海に設置し、産卵しやすい環境を作り、数を増やすのとダイバーの誘客が目的。大熱海漁業組合と熱海市の協力を得て約40人が参加、今回初めて実施した。
産卵床は、姫の沢公園の桜の木の下に自生しているヒサカキを伐採し、高さ2~3メートル束にしたものを約20本使用。熱海港からボート2隻にダイバー18人が乗り込み、錦ヶ浦沖合約40メートル沖合の水深12メートルの海底でロープやチェーンを使って岩に固定、土のうを使って流されないようにした。
アオリイカの産卵シーズンはゴールデンウイークごろから始まり、8月中旬ごろまで続く。早ければ、2、3日後に産卵床に寄ってきて産卵が始まり、1回の産卵で2000個の卵を産むという。
日本釣振興会のダイバーたちは産卵床設置の作業を終えると海釣り施設の先端部分の水中清掃を行った。
(熱海ネット新聞)

釣り振興会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る