【催し】熱海で除夜の鐘をつける寺 誓欣院で大晦日午後11時から 


熱海市上宿町の浄土宗法界山「誓欣院(せいごいん)」で大晦日の31日午後11時から、除夜の鐘つきが行われる。参拝者が交代で107打をつき、最後に長田明頼住職が梵鐘を突き、百八の煩悩を消去して新年を迎える。もともとは地元の檀家や近隣住民が除夜の鐘をついていたが、高齢化と少子化が進み、近年は観光客の参加が多い。参拝者には年越しそばが振る舞われる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る