【市政】市役所第一庁舎も業務開始 市長自らお出迎え

GW明けの6日、熱海市は新庁舎の業務を開始した。午前8時30分、第一庁舎正面入り口のドアが開くと、斉藤栄市長が市役所を訪れる市民を出迎え、「新庁舎案内」のパンフレットを一人ひとりに手渡した。

 

前日、職員が総出で最終的な引っ越し作業を完了。「市役所全体のモチベーションが上がっており、これを市民サービスの向上につなげたい」と話す市長は「今日は8年間温めてきた新生熱海のスタートです」と胸を張った。

 

 

 

新市役所のウリは1階フロアに市民生活課と税務課を配し、住民票などの発行窓口でも一部の税務証明書の発行が可能になったこと。サービス向上のため、申請等を案内する「お客様サポーター」を2名設け、交代で午前8時30分から午後5時15分までフルカバーしている。

 

3階には観光・建設関連の部署が入り、市長肝入りの「ワンフロアサービス」が始まった。

 

(熱海ネット新聞)

市長案内

サポーター

DSCN3148

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  2. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  3. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  4. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
ページ上部へ戻る