【市政】市役所第一庁舎も業務開始 市長自らお出迎え

GW明けの6日、熱海市は新庁舎の業務を開始した。午前8時30分、第一庁舎正面入り口のドアが開くと、斉藤栄市長が市役所を訪れる市民を出迎え、「新庁舎案内」のパンフレットを一人ひとりに手渡した。

 

前日、職員が総出で最終的な引っ越し作業を完了。「市役所全体のモチベーションが上がっており、これを市民サービスの向上につなげたい」と話す市長は「今日は8年間温めてきた新生熱海のスタートです」と胸を張った。

 

 

 

新市役所のウリは1階フロアに市民生活課と税務課を配し、住民票などの発行窓口でも一部の税務証明書の発行が可能になったこと。サービス向上のため、申請等を案内する「お客様サポーター」を2名設け、交代で午前8時30分から午後5時15分までフルカバーしている。

 

3階には観光・建設関連の部署が入り、市長肝入りの「ワンフロアサービス」が始まった。

 

(熱海ネット新聞)

市長案内

サポーター

DSCN3148

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  2. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  3. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  4. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
ページ上部へ戻る