【市政】市職員に夏のボーナス支給 一般職平均65万5千円

熱海市の職員に30日、夏のボーナスが支給された。市の職員の期末・勤勉手当は6月と12月に支給され、この日は一般職員、特別職をあわせて総額3億2905万円余りが支給された。一般職479人の平均(41.6歳)は65万5000円(前年比2万8千円増)。特別職は市長169万9000円(同10万8千円)、副市長142万9000円(同9万千円増)、議長105万6000円(同4万円増)、副議長96万5千円(同3万6千円増)、議員64万7千円(同20万5千円減=4月初当選が3人を含む)。一般職員数が前年度より18人減ったため、全体では前年夏ボーナスを162万円下回った。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る