【市政】田中秀宝後援会が「仏事」で事務所開き

4月の熱海市議選に立候補を表明している元職・田中秀宝氏(46)の後援会は29日、市内昭和町で事務所開きを行った。昨年9月の市長選で敗北を喫したこともあり、今回は神事を取りやめ、医王寺の高田住職、興禅寺千葉副住職による仏事で再出発した。

山田修司後援会長は「先の市長選では失敗はしたものの、候補者はこの半年間、反省に反省し、熱海市政に携わることを願っておりました。どうか、みなさま今一度ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」と合掌。続いて県議候補の藤曲敬宏氏が「本当に悔しい思いをされたことをばねに市議選に出馬しようという、その心意気に同志として今日はどうしても応援に来たかった」と話すと、後援会最高幹部から「しっかり頼んだぞ」のげきが飛んだ。

4期16年の市議実績に加えて、今回も自民党公認で立候補する田中氏は開口一番に「熱海市長選挙におきましては多くのご支援いただきながら敗北落選。これも私の力不足と反省しています」と深々と頭を下げ、「この半年間のいろいろと考え、勉強させていただき、西部地区はもとより、泉から網代まで様々な意見を聞いた。心を新たに新人の気持ちで選挙戦を戦いたい」と手を合わせ、決意を述べた。

DSCN9644DSCN9640DSCN9637DSCN9671 DSCN9681DSCN9694DSCN9684DSCN9676

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-5

    捜索救援活動、熱海署と市消防の60人に縮小 自衛隊、警察、消防が撤収

    熱海市の伊豆山土石流災害で、行方不明者の捜索活動を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の撤収に続き、立ち…
  2. 2021-8-5

    静岡県にも「まん延防止措置」適用 期間は8月8日から 県東部も対象へ

    政府は8月5日、新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の適用地域に、静岡、愛知、福島、茨城、栃…
  3. 2021-8-4

    熱海市で新たに3人がコロナ感染 静岡県、東京都ともに過去最多更新

    静岡県は8月4日、熱海市で新たに3人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。高齢でな成人2…
  4. 2021-8-4

    【お悔やみ】小野寺克巳さん(熱海市網代)8月3日死去

    小野寺克巳さん(おのでら・かつみ)8月3日死去、68歳。熱海市網代279の7。出棺4日午前11時、…
ページ上部へ戻る