【市政】飲酒運転や暴力団追放 市民安全大会に約100団体500人

年末の交通安全県民運動(15〜31日)期間中の16日、熱海市は渚町の渚小公園で市民安全大会を開き、約100団体500人が参加した。式典では斉藤栄市長、岡田卓史熱海署長、高橋幸雄市議会議長、橋本一実県議がそれぞれあいさつ、鈴木秀旺市町内会長連合会長が大会を宣言した。

式典終了後、出席者は「飲酒運転根絶」「地域ぐるみで暴力追放」などと書かれたプラカードを掲げ、多賀中吹奏楽部の演奏に合わせて市内をパレード。飲酒運転の撲滅や暴力団弾の追放などを誓い、安全・安心なまちの実現を目指すことを確認した。

安全宣言

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る