神女神楽と浦安の舞の舞を奉納、静かに疫病退散を願う 来宮神社例大祭

来宮神社の例大祭は7月15日、本殿で例大祭が営まれ、鎌倉時代から続く「神女神楽」(みこかぐら)と「浦安の舞」が奉納された。今年は新型コロナウイルスの影響で来賓を迎え入れず、氏子役員や祭典委員、厄年奉賛会らが静かに疫病退散を願った。

今年の「神女」を務めたのは第一小1年の小川寧子(おがわ・ねね)さん。神女役の櫻井智和さんと小山太一さんを従えて伝統の舞を披露した。密集を避けるため、笛、大太鼓、大拍子、鐘の音は録音で流した。

続いて、熱海中2年の柿田茉緒(まお)さんと山田愛恵(まなえ)さんが、艶やかな十二単をまとい、剣や扇を手に浦安の舞を奉納した。例年4人で舞うが、今年は感染症防止のため、2人で務める。神女神楽保存会の本多勇治会長によれば、デュオ(2人)での浦安の舞奉は同神社では過去に例がないという。

例年は、この後、境内で県指定無形文化財の「鹿島踊り」を奉納するが、感染防止のため、今年は取りやめた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  2. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  3. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
  4. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
ページ上部へ戻る