【文化】「日本工芸会選抜展」が開幕 MOA美術館

 

重要無形文化財保持者(人間国宝)らが手掛けた陶器、染織、木工などを展示した「日本工芸会東日本・東海選抜展」が16日、MOA美術館で始まった。日本工芸会は、人間国宝を中心に伝統工芸作家で組織され、伝統工芸技術の発展と向上のために活動している。今回は2015年春に開催された日本工芸会東日本支部及び東海支部の支部展に出品された作品の中から選りすぐった約120点を展観している。
会期中には人間国宝をはじめ現代工芸作家約30人による作品の展示・販売「アートフェア」も開催する。11月17日まで。
問い合わせはMOA美術館〈電0557(84)2511〉へ。

写真=緑釉花器  黒岩達大

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る