【文化】小唄と踊り、起雲閣で「邦楽和乃会」

熱海市で小唄を楽しむ「邦楽和乃会」(春日とよ和乙乃主宰)は11日、起雲閣の麒麟の間で「小唄と踊りの会」を開いた。春日さんと会員たちが来館者に小唄と三味線を披露し、熱海芸妓の松千代さんが華麗に舞い、花を添えた。小唄「梅は咲いたか」「五万石」「初出見よとて 初出姿の」、端唄「春雨」など、新春にあわせてめでたい演目を選び、およそ100人の観光客を楽しませた。

同会は土・日曜などに起雲閣で稽古を行っており、定期的に観光客に磨きをかけた小唄と三味線を披露している。

DSCN6824IMG_1984DSCN6826DSCN6834

IMG_1983 (1) 動画

 

 

DSCN5374DSCN5377DSCN5370

起雲閣での「五万石」の稽古の様子

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る