「あたみ桜糸川桜まつり」始まる 「梅まつり」と同時開幕

熱海市の糸川遊歩道で1月8日、「あたみ桜・糸川桜まつり」(〜2月6日、熱海市観光協会主催)が始まった。「梅まつり」(熱海梅園)と同時開幕にしたため、例年より1週間早いスタート。沿道の57本のあたみ桜の中には見ごろの木もあるが、まだ全体的には1分咲きに満たない。しかし、例年、咲きだすと一気に咲き進むことから、間もなく見ごろを迎える。

新柳橋には日本一早い花見を楽しめるように露店とテーブルが並び、一足早い桜見物客で賑わった。 期間中午後4時半〜11時までライトアップしている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る