【桜梅】梅まつりの喧騒が去り、今年も鴨(カモ)のつがいが飛来 熱海梅園

14万7000人が訪れた「梅まつり」が16日に終了したのを待って、鴨のつがいが熱海梅園に飛来し、来園者の人気を集めている。
熱海市公園緑地室によれば、2年前から鴨が飛来するようになり、今年も律儀に澤田政廣記念美術館へ渡る梅園橋(うめぞのばし)下の清流に逗留。心地よさそうに仲良く足カキしながら遅咲き梅の「開運」「武蔵野」「乱雲」をみてリフレッシュしている。

これまでは1週間ほどで飛び去っており、21日からの3連休が見ごろのようだ。

(編集主幹・松本洋二)

 

DSC_7037ss

鴨の夫婦

DSC_7003ssp

梅園橋

 

DSC_7033ss

開運

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る