【梅桜】熱海梅園梅まつりの総入園者14万7000人 週末の2週連続の雪で3万人減

熱海市観光協会は「第70回熱海梅園梅まつり(2月11日~3月9日の58日間」の来園結果をまとめた。

期間中の入園者は約14万7500人で、昨年の17万9900人を18%、3万人ほどダウン。集客のピークとなる2月上・中旬の週末に2週連続で大雪(無料開放)に見舞われたことが響いた。
1日の最多入園者は2月23日の7561人でこちらも昨年の9127人(2月24日)を下回った。
駐車場利用台数は2万347台(約10%減)で1日の最高は627台(昨年662台)。バスは全期間で709台(同868台)。

 

糸川桜まつり(1月25日~2月16日)の期間中、無料で利用できる梅園と糸川(市役所)を結ぶシャトルタクシーを今年も設けたが、利用者は6日間で2565人(昨年は9日間で3946人)。新たに実施した梅園と市営東駐車場を結ぶシャトルバス利用者は9日間で1269人だった。

 
河津町の「第24回河津桜まつり」の来遊客も73万4324人と昨年の85万2715人を13・9%下回っており、こちらも2週連続であった週末の大雪が響いた。
(熱海ネット新聞)

 
◇有料は32日 有料の判断基準は「早咲き梅全体で2分咲き超」のため、有料期間は2月7日~3月10日までの32日間。

 

桃の花 梅園入り口
【写真】熱海梅園入り口に咲く桃の花(3月16日)

 

 

DSC_6915ss

 

現在の熱海梅園の様子

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-11-28

    花火効果で11月の宿泊客数 コロナ禍以前2019年の9割まで回復

    熱海湾で11月27日、秋季熱海海上花火大会を開催がされ、午後8時20分から20分間にわたって3千発が…
  2. 2021-11-28

    【お悔やみ】青木千鶴子さん(熱海市和田町)11月25日死去

    青木千鶴子さん(あおき・ちづこ)11月25日死去、82歳。熱海市和田町3の4。通夜28日午後6時。告…
  3. 2021-11-27

    熱海梅園もみじまつり、最初のピーク突入 グラデーション鮮やか

    もみじまつり(11月14日〜12月5日)が開幕して3度目の週末をとなった11月27日、熱海梅園では園…
  4. 2021-11-27

    熱海土石流で市長、自身の責任認める 責任の取り方は第三者委に委ねる

    熱海市の齋藤栄市長は11月26日、市役所で会見し、伊豆山地区の大規模土石流の被害を甚大化させた(26…
ページ上部へ戻る