【文化】没後150年、3年ぶりに義人「釜鳴屋平七」をしのぶ供養祭

江戸時代、漁民の生活を守るために立ちあがった義人、釜鳴屋平七をしのぶ供養祭が命日の4日、熱海市のムーンテラスの平七記念像前で3年ぶりに行われた。山田芳和実行委員長の挨拶のあと、来賓を代表して斉藤栄市長、橋本一実県議が挨拶、参列者が献花した。

今年は没後150年の節目にあたることから、市民有志が実行委員会をつくり、3年ぶりに平七記念像前での供養祭を復活させた。市民や平七の子孫ら約50人が参列して献花を行い、平七の遺徳をしのんだ。

熱海銀座通りにある「釜鶴」は、釜鳴屋平七の三男が興した老舗のひもの店。この日は平七から数えて6代目の子孫・二見雄三さんも家族とともに参列、遺族代表として御礼の言葉を述べた。

◆釜鳴屋平七 江戸末期、熱海で起きたマグロ漁の利権をめぐる網元と漁民との漁業権紛争で、網元でありながら漁民の生活を守るために一揆の先頭に立ち、韮山代官所に直訴。その罪で捕らえられ、5年間の獄舎生活の後、八丈島に送られる途中、1863年に伊豆大島で35歳歳で死去したという。

釜つる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る