【社会】台風10号、午後東北へ上陸へ、高波や強風 引き続き注意を

強い台風10号は30日、暴風域を伴ったまま日本列島の東海上を北寄りに進んでいる。昼前後に関東に最も近づき、夕方に東北に接近し、上陸するとみられる。その後は東北を縦断し、日本海に抜ける見込み。気象庁は熱海でも高波や強風などに引き続き注意するよう呼びかけている。
この影響で、海の便に影響が出ている。熱海と大島を結ぶ「東海汽船」は30日午前中のすべての便を欠航。熱海と初島を結ぶ富士急マリンリゾートは、熱海と初島をそれぞれ出発する始発の2便の欠航を決め、それ以降の便については出発の30分前に決める。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る