【社会】熱海市の女性が「振り込め詐欺」で150万円被害 熱海署

熱海市の女性(62)が6日、息子をかたる男に現金150万円をだまし取られたと熱海署に届けた。
5日、自宅に息子を名乗る男から電話があり、6日に再びかかってきた電話で「女との別れ話の際、手を振り払ってけがをさせてしまい、示談のための弁護士費用に友達やヤミ金から200万円を借りた」と言われたという。
女性は市内の金融機関で定期預金を解約し、コンビニ店の現金自動預払機(ATM)から指定された東京都内の3口座に計300万円を送金。しかし、不審な口座に高額な振り込みがあった振込先の金融機関が振り込み元の熱海の金融機関に照会。照会を受けた金融機関が女性に息子と連絡を取るように勧め、連絡を取ったところ被害に気付いたという。しかし、口座を凍結した時には、すでに2口座から計150万円が引き出されていた。
同署は振り込め詐欺事件とみて調べている。

(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る