【社寺】カウントダウンで新年の幕開け 未明から初詣客で大にぎわい 来宮神社 

熱海市の各神社では、大晦日から新年にかけ、大勢の初詣客でにぎわった。

55年ぶりに本殿・拝殿を塗り替え、参集殿を建て替えた来宮神社(雨宮盛克宮司)には、年明け前から市民や観光客らが続々詰めかけ、家内安全や商売繁盛、景気回復などを祈念した。

午後11時からの古神札焼納祭・祓式大を終えると、神殿前で雨宮宮司、神社役員らがたる酒を鏡開きし、参拝客らに振る舞った。

午前零時が近づくと、さい銭箱の前に集まった参拝客がカウントダウン、一斉にさい銭が投げ込まれ、手を合わせての祈願が始まった。

同神社では正月三が日の参拝者を7万人と見込んでいる。

 

大祓式

宮司と市長 (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-6-14

    「ほたる鑑賞の夕べ」の人出、13日間で2497人 最高は12日の535人

    熱海市観光協会は6月14日、2年ぶりに開催した「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1…
  2. 2021-6-12

    青紫ジャカランダ、ライトアップで幻想的 週末の若者たちを魅了

    「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2021」開催中のお宮緑地(熱海市東海岸町)でライ…
  3. 2021-6-12

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 無症状のまま検査で判明

    静岡県は6月12日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-6-10

    岩井氏が熱海入り、街頭演説に500人 齋藤栄市長も支援表明…動画あり

    6月20日投開票の知事選に立候補した前参議院議員の新人岩井茂樹氏(53)は9日午後6時半か…
ページ上部へ戻る