【社寺】カウントダウンで新年の幕開け 未明から初詣客で大にぎわい 来宮神社 

熱海市の各神社では、大晦日から新年にかけ、大勢の初詣客でにぎわった。

55年ぶりに本殿・拝殿を塗り替え、参集殿を建て替えた来宮神社(雨宮盛克宮司)には、年明け前から市民や観光客らが続々詰めかけ、家内安全や商売繁盛、景気回復などを祈念した。

午後11時からの古神札焼納祭・祓式大を終えると、神殿前で雨宮宮司、神社役員らがたる酒を鏡開きし、参拝客らに振る舞った。

午前零時が近づくと、さい銭箱の前に集まった参拝客がカウントダウン、一斉にさい銭が投げ込まれ、手を合わせての祈願が始まった。

同神社では正月三が日の参拝者を7万人と見込んでいる。

 

大祓式

宮司と市長 (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る