【科学】熱海でハレー彗星の撮影に挑戦 「みずがめ座η流星群」

 

7日未明、「熱海ネット新聞」は毎年この時期にピークを迎えるハレー彗星「みずがめ座η(イータ)流星群」の撮影に挑戦した。

国立天文台の「7日午前2時頃から夜が白み始める午前3時半頃が観察のチャンス」という情報を頼りに、熱海湾上空のみずがめ座にカメラを向け、長時間張り込んだ。
結果はご覧のように撮影に成功したのだが、専門家に鑑定を依頼したところ、「あっ、それ飛行機の走行跡ですね」のいつれない返事。残念。でも…。
(熱海ネット新聞)

 
◇みずがめ座η(エータ)流星群
ハレー彗星の通り道を地球が通過し、そこに残されていたチリが地球の大気に飛び込んで上空100キロメートル前後で発光して見える現象。昨年は過去数千年のうちで一番と言われるほど活発に流れ星がみられた。

 

みずがめ座

みずがめ座の位置(5月7日)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  2. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
  3. 2022-7-4

    伊豆山土石流から1年 教訓を次世代に 熱海市が追悼式

    熱海市伊豆山で死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した伊豆山土石流から7月3日で1年…
  4. 2022-7-4

    【お悔やみ】髙𣘺久雄さん(熱海市伊豆山)7月1日死去

    髙𣘺久雄さん(たかはし・ひさお)7月1日死去、96歳。熱海市伊豆山。「魚久」創業者。通夜5日午後6時…
ページ上部へ戻る