【経済】最盛期の15、16日で7000人 2週連大雪で痛手を受けた今日(18日)の熱海梅園

 

2週連続となった週末の大雪の影響で東名、新東名高速道が通行止め。首都圏の観光客の足が奪われ、梅や桜まつりなど伊豆の観光は痛手を受けた。

熱海梅園も昨年1日最高で9000人が訪れたが、15、16日の2日間で計約7000人。もっとも梅がきれいな時期だけに熱海市観光協会も悔しさを隠せない。

18日の熱海梅園は例年より9度低い7度。園内の足湯が人気を博していた。

(編集主幹・松本洋二)

 

 

 

 

IMG_3422ssp

 

 

DSC_4391ss

 

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  2. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
  3. 2022-7-4

    伊豆山土石流から1年 教訓を次世代に 熱海市が追悼式

    熱海市伊豆山で死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した伊豆山土石流から7月3日で1年…
  4. 2022-7-4

    【お悔やみ】髙𣘺久雄さん(熱海市伊豆山)7月1日死去

    髙𣘺久雄さん(たかはし・ひさお)7月1日死去、96歳。熱海市伊豆山。「魚久」創業者。通夜5日午後6時…
ページ上部へ戻る