【編集室】蛭川麻季子さん、佐世保市の移住コーディネーターに就任

元熱海市議の蛭川(ひるかわ)麻季子さん(49)が、4月1日から総務省事業の地域おこし協力隊の一人として長崎県佐世保市の「移住コーディネーター」(嘱託職員)に採用された。任期は最長3年。地方創生の一環で新年度から本格化させる同市のUJIターン支援を担当する。
市役所の「させぼ移住サポートデスク」を拠点に、長崎県が相談員を置く「ふるさと回帰支援センター」(東京)と連携し、首都圏などの移住希望者に地元の就職先や住居などを紹介。定住してもらえるよう、移住後も相談などにあたるという。
蛭川さんは佐世保特産「九十九島カキ」を取り寄せたことがあった縁から応募し、採用された。人口減少に悩む佐世保市は、移住者を対象に空き家の改修や引っ越し費用などを補助し、UJIターンを促進させるために移住コーディネーターを配置。サポートデスクを通じた移住の達成目標を年間10人としている。
写真=「佐世保市地域おこし協力隊~移住のススメ~」fbより

atamisigi

熱海市議当時の蛭川麻季子さん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る