【まちづくり】GWに合わせマリーゴールドを植裁 渚小公園

 

ゴールデンウィークに熱海を訪れる観光客や熱海出身者をもてなそうと、市が募集した市民ボランティア5人と市職員3人が23日、渚小公園で植栽活動を行った。

 

同ボランティアは四季を通じて花がみられる街を目指す市の「花の街づくり計画」に基づき、渚小公園で春、秋の年2回植裁を行うのに加え、毎月第2、第4週の水曜日に花壇の手入れを続けている。
春の植裁となった今回は元々植えられていた赤いガーデンシクラメンを端に寄せ、オレンジと黄色のマリーゴールドをそれぞれ115株を手際よく植えた。このマリーゴールドは夏まで楽しめるという。

 

公園内の児童用ブランコ前には、市の予算の関係で同ボランティアが自主植裁したピンクのゼラニウムが咲き、子供連れの市民や観光客に憩いの場を提供している。

 

(熱海ネット新聞)

 

DSCN2897

マリーゴールドを植栽するボランティア

 

ゼラニウム

市民ボランティアが自主植裁したゼラニウム花壇

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-11-28

    花火効果で11月の宿泊客数 コロナ禍以前2019年の9割まで回復

    熱海湾で11月27日、秋季熱海海上花火大会を開催がされ、午後8時20分から20分間にわたって3千発が…
  2. 2021-11-28

    【お悔やみ】青木千鶴子さん(熱海市和田町)11月25日死去

    青木千鶴子さん(あおき・ちづこ)11月25日死去、82歳。熱海市和田町3の4。通夜28日午後6時。告…
  3. 2021-11-27

    熱海梅園もみじまつり、最初のピーク突入 グラデーション鮮やか

    もみじまつり(11月14日〜12月5日)が開幕して3度目の週末をとなった11月27日、熱海梅園では園…
  4. 2021-11-27

    熱海土石流で市長、自身の責任認める 責任の取り方は第三者委に委ねる

    熱海市の齋藤栄市長は11月26日、市役所で会見し、伊豆山地区の大規模土石流の被害を甚大化させた(26…
ページ上部へ戻る