【観光】春の夜空を彩る大輪3千発 熱海海上花火第2弾

 

熱海湾で12日夜、春の熱海海上花火大会・第2弾が開かれた。滅多にない土曜日の開催とあって若いカップルやホテル旅館の宿泊客など1万7000人が繰り出し、晴れ渡った春の夜空を彩る大輪の「花」が観客たちを魅了した。

この日の市内の気温は17度。夜に入っても心地よい陽気で、午後8時20分から25分にわたって打ち上げられたスターマインなど約3000発に観客たちは歓声を挙げ、フィナーレを飾る全長1キロの「大空中ナイアガラ」に拍手を送った。

 次回(夏季)花火大会は7月21日(月祝・海の日)に開催される。

(熱海ネット新聞)

スターマイン1

【写真】竹内正さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る