【議会】24日から2月定例市議会 否決された駅前広場整備の改正案などを再提出

熱海市議会は17日、市役所で議会運営委員会を開き、2月定例会の会期を24日から3月14日までの19日間と決めた。
市は初日24日の本会議に、2014年度各会計予算案、13年度各会計補正予算案、国保税条例の一部改正案など41案件を提出する。

 

昨年の11月議会で否決された駅前広場条例の一部改正案、熱海市観光協会と熱海市振興公社を合併してあたみ観光局を設立することへの説明不足などから紛糾し、最終日に市が撤回した姫の沢公園と姫の沢自然の家の指定管理者を特命で振興公社に指名する2議案も再提出する。

 

(熱海ネット新聞)

 

 

議運
一般質問は3月6、7日。付託委員会は10日に広域行政推進特別と庁舎建設等特別、11日に観光建設公営企業、12日に総務福祉教育を予定している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
  2. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  3. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  4. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
ページ上部へ戻る