【選挙】「民主党じゃなく、橋本氏を」細野、渡辺周氏を招き街頭演説

4月3日告示、12日投開票の県議選に立候補を表明している現職・橋本一実県議(50)=民主党=は29日午後、市内清水町バス停前で街頭演説会を開いた。同党の細野豪志政調会長、渡辺周選挙対策委員長が応援に駆けつけ、国政報告を行うとともに、橋本氏への支持を訴えた。
細野氏は「15年前、政治家としてスタートした当時、自民党じゃないと政治家じゃないというくらいに熱海では自民党が強かった。そこに橋本さんが民主党という新しい旗を掲げ、斉藤市長を作り、財政再建へ踏み出した。その橋本一実さんにもう一度チャンスをいただきたい。いま民主党で勝利するのは難しい。しかし、渡辺周さん、わたくしと熱海のパイプを断ち切るのではなく、もっと強くするために橋本さんをご支援いただきたい。不肖、私も熱海のためなら一生懸命汗をかく」とおよそ10分間に渡って熱弁をふるった。

渡辺周氏も「市議、県議で立派な仕事をしていながら、民主党という看板を背負っているから苦戦している。民主党の私がいうのだから間違いない。橋本さんには罪がない。民主党の名前を代えたっていいんです。維新と一緒に新党をつくたっていい。ぜひとも熱海の地方創生の担い手として橋本さんに引き続き仕事をさせていただきたい」と支持を訴えた。

橋本氏は「自民対民主、これは正直大変厳しい状況ですが、ここでつまずくわけにはいかない。渡辺周、細野議員とともに斉藤市長をサポートしながら川勝知事とのパイプ役となり、信頼関係を構築していく。それが私の仕事です。市議3期8年、県議2期5年の経験をしっかりと県政に生かさないといけない」と力を込めた。
山田治雄、金森和道、小森高正、村山憲三市議と4月市議選に立候補を表明している新人・和田翔平氏も街頭演説を行い、およそ200人の市民が小雨が降る中、熱心に聴き入った。

細野アップ 7人DSCN9720IMG_9912ss2IMG_9909ssh2DSCN9741DSCN9749DSCN9723

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-2

    「こがし祭り」お囃子の稽古スタート  夜の熱海に太鼓と笛の音色響く

    (さらに…)…
  2. 2022-7-2

    アカオビルがリニューアル 熱海ティーとチーズケーキの店「CHAPORTE」

    創業97年の「アカオ商店」(熱海市田原本町、赤尾光一代表) は7月1日、JR熱海駅前の「アカ…
  3. 2022-7-1

    参院選 若林洋平氏、熱海で「20代〜30代若手と語る会」SNSで無党派層強化

    参院選(7月10日投開票)の静岡選挙区に自民から立候補している若林洋平氏(50=公明推薦)は…
  4. 2022-7-1

    山田治雄・熱海市議が死去 95歳、日本最高齢の市議会議員

    日本で最高齢の市議会議員だった熱海市議の山田治雄(やまだ・はるお)氏が7月1日午前0時30分ごろ、入…
ページ上部へ戻る