8月31日に般若院で「伊豆山送り火供養祭」小田原攻めで命を落とした僧兵供養

熱海市伊豆山の般若院で8月31日、小田原攻めで豊臣秀吉に滅ぼされた伊豆山権現(伊豆山神社)の僧兵や地域住民の先祖の供養をかねた「伊豆山送り火供養・ろうそく祭」が開催される。午後5時半から本殿で岡本慈興住職が法要を営み、広場に移動。午後6時から住職、齋藤栄市長らがたいまつに点灯し、僧兵の勇敢さをたたえ、供養する。
当地には豊臣秀吉の小田原攻め(1590年)の際、北条側に加わったため、焼き打ちされた悲しい歴史がある。戦前までは地域住人が毎年8月31日に送り火供養を行い、その際に命を落とした3000人の僧兵と関東大震災の犠牲者を供養してきたという。
「伊豆山をおもしろくする実行委員会」(岡本吉浩実行委員長)が14年前に復活させ、本堂と大師堂を結ぶ道や階段沿いなどにに、以前の送り火に代えて約3千個のフローティングキャンドルを並べて供養する。
ステージイベントは、ハッピー ザ アンサンブル、目黒ひとみ歌謡ショー、Boxing school FIST、スタジオ バハ レル ハールのベリーダンス、豆州網代太鼓の演奏などがある。時間は午後5時から9時。
(熱海ネット新聞)
■問い合わせ 実行委員会(岡本委員長090ー3250ー4922)
■般若院 (はんにゃいん)真言宗の古刹。山号は走湯山。伊豆八十八ヶ所霊場の二十四番札所。もともと伊豆山神社の境内にあったが、明治の神仏分離により、伊豆山神社から2~3百メートル西に移転。源頼朝はこの寺で平家討伐の願をかけた。
■アクセス 熱海駅バスターミナルより伊豆東海バス「伊豆山循環」または「七尾原循環」で般若院前バス停下車。約7分。

関連記事

コメント

    • 三浦 健
    • 2019年 8月 31日

    本日、伊豆山の共同浴場を利用しました。帰宅してこれを書いております。
    熱めの湯でしたが、不思議なことに、こわばっていた足が軽くなり、こんな効能があるのかと思った次第。
    入浴後、地元の皆さまが、浴場の近隣でろうそくを灯しておられるのを眼にして、何か謂れがあるのかな、思っていたところ、帰宅後にネットで調べてみたら、こんな故事があったとのことで、少々驚いた次第。
    共同湯も、また利用したいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る