【社会】上空もびっくりぽん、今年初の「夕焼け」 15日は10度も低い気温11度 

5月上旬の暖かさだった15日の熱海市は前日より10度低い最高気温11度。春の空気を運んできた南の風が、冷たい北よりの風に逆戻り。冬と春を行ったり来たりと落ち着かない季節となった。それがびっくるぽんだったのか、熱海市内では今年初めての鮮明な夕焼けが観測された。冬から春に移り変わるターニングポイントの自然界のサインなのか―。
18日から19日頃には日本付近に南風が入り、春の陽気に変わるという。

IMG_6452ss IMG_6455ss IMG_6454ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-25

    【お悔やみ】三枝俊雄さん(熱海市田原本町)1月23日死去

    三枝俊雄さん(さえぐさ・としお)1月23日死去、82歳。食事処ふくや。熱海市田原本町1の5。通夜26…
  2. 足湯

    2022-1-24

    新たに児童のコロナ感染判明 熱海市内の別の小学校1校で学年閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月24日、市内の小学校1校で新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、当該校の…
  3. 2022-1-23

    上多賀など南熱海4地区で「どんどん焼き」 たぎる炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月23日午前、南熱海の4地区(上多賀、下多賀、中野、和田木)で開催さ…
  4. 2022-1-23

    熱海市の新規コロナ感染者14人 10人超は6日連続=1月23日

    静岡県と熱海市は1月23日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。前日…
ページ上部へ戻る